タウンボックス 軽バン  DIYカスタム 畑・山小屋専用車

タウンボックス 軽バン  DIYカスタム 畑・山小屋専用車

山小屋の別荘、畑の農作業用に専用車を購入しました。2002年(平成14年)式 三菱 タウンボックスワゴンです。実は、先週、山小屋の別荘を下見に行くときがけ崩れで正規の道が通れず農道を迂回する際、マイカーのセレナを脱輪させてしまい大変なことになりました。また、山小屋の別荘前に行く直前の道幅が驚くほど狭く、普通車はとても入り込めません。荷物がのり、傷つけてもショックを受けない車が必要だったため、急きょ、ヤフオクにて99,001円(車検1年8カ月付き)で落札しました。

さっそく、畑と山仕様にカスタマイズします。

まずは、天井収納。長いものを載せるので必須です。試行錯誤し、園芸用の支柱を組合せ、手すりにないラップで固定。運転席には手すりがなかったため、内張取付穴を加工し、スタットボルトをナットで固定し、支柱の取り付け部を作りました。

用意したのは、150cmの支柱2本、210cmの支柱2本、イトノコ、結束バンド。100均で660円です。右の収納ラックは、荷台改造に使います。

運転席の頭上を加工するのに手間取りました。穴を広げ、たまたま工具箱に入っていた車のキャリパー用スタットボルトを取り付けました。意外と頑丈につきました。

150cm支柱を結束バンドで手すりに固定し、210cm支柱を2つに切断し横に取り付けました。長いマルチを載せましたが、問題ありません。

次に、荷台収納です。

カインズホームで、押入れ用ラックを見つけました。2つ入って1980円。板を使って作ろうと考えていましたが、2千円弱で既製品があるのであれば直ちに利用します。

ぴったりです。30kgまで耐えるようです。収穫かご2つ、アウトドアチェア2つがすっぽりと収まりました。

滑り止めシートを敷こうと思います。ちなみに、右のボックスには長靴が収納されています。

古い車で故障が気になりますが、ガンガン使っていきたいと思います。